01.jpg

BLOG お知らせ

髪ダメージリスクとは!? La・tulle(ラ・チュール)にはダメージレスに施術できるメニューがいっぱい*

2019.09.30

縮毛矯正・パーマ・ブリーチなど、季節や気分によって髪のオシャレを楽しみたいという方は多いはず。しかし、縮毛矯正・パーマ・ブリーチなどには髪ダメージリスクが伴っているのをご存知ですか? 今回は髪ダメージリスクをお伝えするとともに、髪・頭皮へのダメージを最小限に施術できるLa・tulle(ラ・チュール)のメニューへのこだわりについてお伝えします*

 

 

髪のオシャレに潜む髪ダメージリスクとは?

縮毛矯正・パーマ・ブリーチなどを美容室で施術をすると気軽にヘアデザインを変えることができますが、それぞれの施術には髪ダメージリスクが潜んでいます。どのような髪ダメージリスクがあるのでしょうか?

 

【縮毛矯正の髪ダメージリスク】

 

縮毛矯正を施術する方はクセ毛が気になるという悩みの方が多い傾向にあります。そのクセが強ければ強いほど、薬剤の刺激も強くなり、高温のアイロンでクセを伸ばすため、髪へのダメージはとても大きいと言われています。

 

根元から新しいクセ毛が生えてくると繰り返し縮毛矯正を施術することになり、ダメージを蓄積してしまうという髪ダメージリスクがあります。

 

【パーマの髪ダメージリスク】

 

パーマにはいろいろな種類がありますが、ダメージが比較的高いと言われているのがデジタルパーマ。薬剤自体も強めですが、施術工程の中で必ず加温をすることで髪にダメージを与えるというリスクがあります。

 

繰り返しパーマを施術すれば枝毛・切れ毛の原因となりますが、繰り返しパーマを施術するかそうでないかは自分次第。さらに、髪の状態によって髪が傷みにくいデザインも楽しむことができるのがパーマの特徴。

 

【ブリーチの髪ダメージリスク】

 

ブリーチとは簡単にいうと脱色の力がとても強いカラーリングのことを言います。黒髪の色素を短時間で抜く力のある薬剤を使用するため、髪・頭皮への負担はかなり大きいと考えられています。

 

しかし、透明感のあるカラーリングが人気となっていることから、ブリーチを施術する方が非常に多くなっています。ブリーチをするとその後のヘアカラーやパーマなどの施術にも悪影響を与え、長期間スタイルチェンジができなくなるおそれもあるという髪ダメージリスクがあります。

 

La・tulle(ラ・チュール)が目指すのはホリスティックビューティー

 

La・tulle(ラ・チュール)はただ流行りのヘアデザイン・ヘアカラーを楽しむのではなく、髪・頭皮へのダメージを最小限にとどめることにもこだわり「ホリスティックビューティー」を目指しています

 

ホリスティックには「全体の」「包括的な」という意味があり、本来の美しさは体の健康と心の健康に根ざしているという考え方。そのため、人間の美しさは下記の3つのバランスが取れているときのことを指すと考えられています。

 

◎スガタ:外見美

◎カラダ:肉体的健康美

◎ココロ:心的健康美・美意識

 

これらのバランスを保つことで人間本来の持つ自然治癒力を機能させ、美しさを引き出すという考え方がLa・tulle(ラ・チュール)の目指すホリスティックビューティーです*

 

La・tulle(ラ・チュール)のダメージレス施術へのこだわり

 

La・tulle(ラ・チュール)では髪・頭皮への負担をできるだけ軽減させながら、髪のオシャレを楽しんでいただくために、さまざまなメニューをご用意しています。例えば、髪・肌のタンパク質を復元すると言われている美容液をヘアカラー・パーマの前に使用することで薬剤による負担を軽減するというメニューがあります。

 

その他にも、シャンプーでは落としきれない汚れを除去できると言われている炭酸泉を使用することで健やかな状態の髪・頭皮に整え、みずみずしい髪の育成をサポートします。

 

また、サロンで使うドライヤー・シャンプートリートメントなどにもこだわっています。髪・頭皮へ良いと言われているものを髪のプロである美容師が判断し、導入することでお客様へ本来の美しさを引き出すお手伝いをさせていただいています。

 

まとめ

髪のオシャレにはさまざまな髪ダメージリスクが伴うことがわかると思います。それを回避するためのメニューをLa・tulle(ラ・チュール)ではたくさんご用意しています。気になる悩みなどあれば、スタッフが最適なメニューをご提案させていただきますので、お気軽にご相談くださいね*

 

ヘアカラーのリスクとは!?ホリスティックカラーはトラブル知らずで安心安全*

2019.08.30

流行りのヘアカラーを楽しんだり、季節によってヘアカラーを変えたりしたい方は多いはず。しかし、ヘアカラーにはリスクがあることをご存知ですか? 特に自宅で手軽にできるホームカラーは薬剤が強いためトラブルの原因になるおそれがあると言われています。今回はヘアカラーのリスクをお伝えするとともに、安心安全にヘアカラーを楽しめるLa・tulle(ラ・チュール)のホリスティックカラーについてお伝えします♪

 

 

ヘアカラーに潜んでいるリスクとは!?

ヘアカラーにはどのようなリスクがあるのでしょうか? 実は知らないことが多いヘアカラーの実態をお伝えします。

 

【刺激の強さによるリスク】

ヘアカラーよりも脱色作用の強いブリーチは髪へのダメージ・頭皮の痛みを最も感じやすいと言われています。そのため、ハイトーンのヘアカラーをするときにブリーチをしてからカラー剤を塗布することで、トラブルが起きる確率を高めてしまうことになります。

 

 

【市販カラー・サロンカラーはリスクの種類が多い】

一般的なヘアカラーは脱色作用とジアミン系の染料が組み合わせられています。ヘアカラー中に脱色による髪のダメージやアルカリ剤による頭皮の乾燥トラブルが代表的なリスク。症状がひどい場合にはジアミンアレルギーを発症するおそれがあるので、注意が必要です。

 

 

【健康被害のリスク】

ジアミン系の染料に限らず、染料の中には内蔵疾患などを引き起こす原因となるものもあります。実は、市販されているヘアカラー剤に記載されているので、一度読んでみてくださいね。

 

La・tulle(ラ・チュール)のホリスティックカラーで安心ヘアカラー

ヘアカラーのリスクはさまざまありますが、それらのリスクを軽減する技術とメニューをLa・tulle(ラ・チュール)では取り揃えています! その名もホリスティックカラー* La・tulle(ラ・チュール)こだわりのヘアカラーをご紹介します♡

 

 

【ヘアカラートラブルのリスクを減らす塗布技術】

ヘアカラーのリスクは薬剤が頭皮に付着することから始まると言っても過言ではありません。そのため美容師の塗布技術の低さがリスクやアレルギーを招いているおそれがあります。La・tulle(ラ・チュール)では美容師の技術を向上させ、ヘアカラーのリスクを軽減!

 

【ジアミン除去トリートメントを使用】

La・tulle(ラ・チュール)のホリスティックカラーでは、ヘアカラーをする前にジアミン除去トリートメントを使用します。事前にリスク回避するのがLa・tulle(ラ・チュール)メニューの特徴♪ トラブルを未然に防ぎながらヘアカラーを楽しめるのがオススメするポイントです♡

 

まとめ

La・tulle(ラ・チュール)ではただ髪色をキレイにするだけでなく「包括的な美」であるホリスティックビューティーの考え方をベースにしており、髪・頭皮の美しさも大切にしています。そのため、サロン技術・薬剤・メニューの全てでリスクを軽減し、安心安全を第一に考えています♪ ヘアカラーのリスクが気になる方はぜひLa・tulle(ラ・チュール)のホリスティックカラーをお試しください♡

 

ジアミンアレルギーの危険性を知って欲しい!ヘアカラーはぜひLa・tulle(ラ・チュール)へ!

2019.07.31

ヘアカラーをしたときにピリピリとした痛みを感じたり、かゆみを感じたりしたことはありませんか? 感じたことがある方はもしかしたらジアミンアレルギーかもしれません。実はジアミンアレルギーの方は近年多くなっており、ヘアカラーをしたいけどできない…という方が増えているんです。

 

La・tulle(ラ・チュール)ではそんな方のお悩みに応え、安心・安全なヘアカラーをさせていただいています* ジアミンアレルギーの原因やLa・tulle(ラ・チュール)のホリスティクカラーの特徴についてお伝えします♡

 

 

ジアミンアレルギーとは?

ジアミンアレルギーという言葉はなかなか馴染みのない言葉だと思います。そこでジアミンとは何なのか、髪・頭皮にどのような影響を及ぼすのかについてお伝えします♪

 

【ジアミンとは】

ジアミンとはほとんど全てのヘアカラーの薬剤に含まれている化学染料のことです。ブラウン~ブラックの髪色に仕上げるのによく用いられています。そのため白髪染めや黒染めなど、濃い色に仕上げるときほど、薬剤に含まれるジアミンは多くなります。

 

【ジアミンアレルギーとは】

そもそもアレルギーとは原因となる物質を体内に吸収し、触れ続けることを繰り返すことで、許容範囲を超えてしまったときに起る誤った自己免疫システムと言われています。ジアミンアレルギーの場合は、美容師側の塗布技術の未熟さジアミンが多く含まれる低料金カラー専門店の台頭、またはホームカラーの間違った使用によって、ヘアカラーを繰り返し施術することで薬剤に含まれるジアミンが髪・頭皮から体内に吸収され、アレルギー反応を起こしていると考えられます。

 

 

【ジアミンアレルギーが発症するのは】

◎ジアミンを多く含んでいる薬剤で染める

浸透力の強い薬剤で染める

◎塗布量が多い

◎薬剤を付けてからの放置時間が長い

 

ヘアカラーの塗布量や放置時間は美容師の技術が重要。La・tulle(ラ・チュール)ではお客様の安心・安全を第一に考え、美容師の技術向上を目指しています

 

【ジアミンアレルギーの症状】

◎かゆみ

◎赤み

◎腫れ・炎症

◎ブツブツ

 

 

La・tulle(ラ・チュール)のコンセプトはホリスティックビューティー

La・tulle(ラ・チュール)はホリスティックビューティーの考え方をベースにした薬剤・メニューを大切にし、美容師の技術向上を図っています。

 

【ホリスティックビューティーとは】

「ホリスティック」には「包括的な」という意味があり、外面美・内面美・心的健康美の3つがバランスよく存在することで美しいと言われているのが「ホリスティックビューティー」です。言い換えれば、健康こそが美しいということ* またホリスティックビューティーの特徴は自然治癒力を高めるために行う美容法であること。自分自身の体の声を聞くことを大切にしているんです♪

 

 

La・tulle(ラ・チュール)は安心・安全のヘアカラーを実施!

近年、特に40代以上のお客様でジアミンアレルギーを発症し、ヘアカラーが施術できないお客様が増えています。その原因として、サロンでの強い薬剤の使用。美容師の技術不足による肌トラブルの誘発やホームカラーの間違った使用によって、薬剤に含まれるジアミンが蓄積していると考えられます。そこで、La・tulle(ラ・チュール)ではヘアカラーを工夫!

 

◎ヘアカラーの施術前にジアミン除去を行うトリートメントの使用

◎美容師の塗布技術を磨く

◎使う薬剤の見直し

 

お客様の安心と安全を一番に考え、日々のサロンワークに取り組んでいます♡

 

まとめ

ヘアカラーを楽しみたいけどジアミンアレルギーで悩んでいる…というお客様はぜひLa・tulle(ラ・チュール)へお越しください♪ カウンセリングをさせていただき、最適なご提案をさせていただきます♡また、これからジアミンアレルギーにならないための『選択』として、ぜひLa・tulle(ラ・チュール)のホリスティクカラーをご体験ください♡

 

 

1 2 3 4 5 82